お仕立て工房 和ごころ

大切なお着物のお仕立て、ミニチュア着物の制作、承ります

メインイメージ

和ごころ ≫ よくあるご質問 Q&A ≫

よくあるご質問 Q&A

お仕立てについて

Q 着物はあるのですが、長襦袢がありません。着物に合わせた長襦袢をお仕立て出来ますか?

A » はい、出来ます。
着物をお預かりするか、着物寸法をお知らせいただければお仕立て出来ます。
必要であれば、長襦袢生地もご用意できます。

Q 母から譲り受けた着物があるのですが、寸法が小さく着用できません。
自分に合った寸法に直せますか?

A » お母様のお着物を拝見する必要があります。縫い代がどれだけ残っているか・着用される方の寸法が出来るかを検討する必要があります。

Q タンスから着物を出したら、白いポツポツがありカビ臭い気がします。
どうすればいいですか?

A » 少々のカビであれば、そのままカビ取り加工が出来ます。ひどい状態の場合は、お着物をほどく必要が出てきます。

Q 長襦袢の半衿だけ取り替えできますか?

A » はい、出来ます。
ご希望であれば、半衿もご用意できます。

Q 色無地の着物を持っていますが、紋が付いていません。後から付けることは出来ますか?

A » はい、出来ます。
着物の一部をほどいて、紋を入れてから縫い直します。  

Q  後で訪問着に出来るという振袖を、購入したのですが、袖を短くできますか?

A » その様な振袖であれば、訪問着に出来るかと思います。
そのまま袖丈を切れるか、袖の作り直しかどうかは確認してみないとわかりません。

Q お嫁入りの支度物で持ってきた着物ですが、現在着用するには色味が赤過ぎて着用できません。色を変えることは出来ますか?

A » お好みの色に染め替えが出来ます。
着物をほどいて別の色に染め替えますが、現在の着物の色・生地の状態などを確認してから、加工手順を考えます。

Q 八掛の裾が破れています。取り替えることは出来ますか?

A » はい、出来ます。
どの位置でどれくらい破れているかによって、新しい八掛にするかどうか、総合的な判断になります。

Q タンスから久しぶりに出したら、胴裏が黄ばんでいました。どうすればいいでしょうか?

A » 黄ばみの状態・程度にもよりますが、新しい胴裏への取り替えをお勧めします。

Q 着物の衿の折ったところが汚れています。何とか出来ますか? 

A » 軽い汚れであれば、シミ落とし加工で大丈夫です。それ以上にひどい汚れや擦り切れている場合もそうですが、掛衿と地衿を取り替えることで解消されます。衿に柄が入っている場合に、出来ないこともあります。

Q 名古屋帯を文化帯(付け帯)に出来ますか?

A » はい、出来ます。