お仕立て工房 和ごころ

大切なお着物のお仕立て、ミニチュア着物の制作、承ります

メインイメージ

和ごころ ≫ お客様の着物 ≫

お客様の着物

兵庫県/O様

藍染の着物に合わせたお襦袢をお預かりしました。
赤色の手毬が全体に可愛らしい《根岸色》のお襦袢です。
《根岸色》日本の伝統色で色名を調べてみました。分かり易いところで<モスグリーン>に近いお色ですね (^^)

お着物は、以前にお仕立てさせていただいたものですが、虫干しも兼ねてお預かりしアイロン仕上げをして納品させていただきました。

藍染の着物の袖口や袂から根岸色のお襦袢がチラリと覗いてお洒落な組み合わせですね。
これからの秋から冬にかけて出番がありそうです (^-^)


 

兵庫県/S様

お子様の卒業式に着用されるということで、附下着物と袋帯をお預かりしました。
絞りのかわいらしさと品の良さを持ち合わせた柄模様と身体にしっくりとなじんでくれる生地がとても素敵なお着物でした。

今回のお着物は反物自体が短いものでしたので、本来のお仕立て方では着用寸法が短くなってしまうため、身揚げ無しでお仕立てさせていただきました。
(身揚げ無しにすることで、足りない身丈を長く取ることができます。)

😄すごく素敵な着物に仕上がったのを見て、早く着たいと思いました。お仕立てはもちろんのこと、何から何までいろいろ相談させてもらい、すごく丁寧に対応してくださったので助かりました。ありがとうございました。(S様)

とても嬉しいお言葉をいただきました。
こちらこそありがとうございました。

 

兵庫県/M様

日本舞踊をされているⅯ様。秋から冬にかけて着用する附下着物をお探しでした。こちらでご用意させていただきましたお着物を気に入られてご購入され、お仕立てさせていただきました。
写真ではわかりにくいですが、光の当たり方で光沢が変化し、着物の表情が変わる素敵なお着物に仕上がりました。
後日、お電話をいただき10月の発表会で着用されるそうです(^^)

兵庫県/M・S様

以前、私がお仕立てをしていた呉服店にお勤めのM様、この度はありがとうございました。
十数年ぶりに訪ねて来られて、とてもビックリしましたが嬉しかったです。(^_^)

お嬢様の婚礼の支度物一式をお預かりしました。
訪問着は、しっとりと落ち着いた雪の輪文様のお着物です。婚礼後すぐに着用されるということでした。
その他にも色無地・喪服セットやお襦袢などをお仕立てさせていただきました。


 

兵庫県/I様
 

着ることのなくなった子供用の着物をミニチュア着物にお仕立て変えされました。

ご自身が七五三などで着用されていた想い出の詰まったお着物は、ご両親から贈られたものだそうです。
いざ処分するとなると非常に寂しいもので、今は形を変えてミニチュアになり、口の間に飾られているそうです。こうして姿を変えて目にすることで、ご両親がいつもそばで見守ってくれているようです、とおっしゃっていました。

大変古いお着物だったのですが、保存状態も良く綺麗なお着物で、つぶすのがもったいないくらいでした。
ミニチュアの裏地もそのまま使わせていただきました。

ご依頼・お問い合わせ